So-net無料ブログ作成

韓流パンデミック -3/3 [特別投稿]

                                                                            .by ewe

.

☆蔓延する韓流ウイルス☆

 韓国には「大韓民国国家ブランド委員会」なる大統領直属の国家機関があります。国際社会における韓国の「地位」や「イメージ」や「国格」を向上させるための活動を体系的かつ総合的に取り組むために、2009年に設立されました。さらに政府は日本の国際的地位を失墜させることを目的とした「ディスカウント・ジャパン運動」を行っているVANK等の民間団体の宣伝工作活動を強力に後援しているのです。この国家ブランド委員会、K-POPがあたかも人気かのように、宣伝会社にYoutubeなどの動画投稿サイトの再生数を上げせせているというヤラセ疑惑があります。

.

 タレントのふかわりょう氏が高岡氏の発言を受け、「もし、あるテレビ局が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていてK-POP歌手が売れると局にお金が入る仕組みになっているにも係わらず番組で取り上げ、世の中の現象に見せているならおかしい」と批判したところ、それを受けフジテレビ系列の企業がK-POPの権利を持っていることが報じられました。

.

 竹島問題に限らず、韓国が意図的に日本に侵食してきています。日本海呼称問題、靖国問題、歴史教科書問題、従軍慰安婦問題、仏像等の文化財の略奪などなど。その水先案内人になっているのが民主党とマスコミです。

.

 好きなドラマや音楽は韓流にK-POP、おしゃれな雑誌に韓国コスメやコリアンタウンの美味しい店が紹介され、街にはヒュンダイの車が走り、スマートフォンにも韓国メーカーのLGやサムソンが台頭し、家電量販店ではお手ごろ価格のサムソンや大宇の製品が並び、テレビCMに出ていた某韓国料理食品メーカーの食品やマッコリもスーパーで買える。このように韓流はウイルスのように知らぬうちに我々の暮らしの中に広く深く入り込んできています。まだ韓流は少数派だからと大丈夫と言っているうちに一気に感染拡大し、パンデミックを起こしたらどうなるのでしょうか。中韓に媚を売る菅流の政治主導で政治は混迷を極め、大震災および原発事故の政府の対応の悪さから、わが国のエネルギーシステムと経済システムは大打撃を受け、日本と日本国民は抵抗力を無くしています。もし、移民や外国人参政権が国策として認められたら、もはやそれはパンデミック。危険なウイルスの前に日本は亡国の危機に瀕し、もう日本は日本ではなくなってしまうかもしれません。

.

☆ストップ・ザ・韓流!☆

フジテレビの韓流放送問題とそれに伴う反韓流、反フジテレビの一連の動き。騒動を起こすことの真の目的など、まだまだ核心の部分は明らかになっていません。

しかし、韓流スターとK-POPアイドルにうつつを抜かしていると、韓国政府の思う壺です。彼らの目的は「韓国ブランド化」すなわち「ディスカウント・ジャパン」なのです。

.

 かつて占領時代に3S政策に見事にはまってしまった日本人。今回、大衆をアメリカンならぬ韓流に夢中にさせ、民主党の売国政治に関心を向けさせず、不景気の辛さと東日本大震災の悲しみを麻痺させる麻薬の役割を担わしているのでしょう。実に単純かつ効果的で、狡猾な占領政策です。「ストップ・ザ・韓流! 韓流やめますか? それとも日本人やめますか?」

                                        おしまい 
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 7

コメント 2

村尾鐵男

末梢的なことですが、TVのチャンネルを替えるときに、たまに韓国ドラマを一瞬垣間見ることがありますが、画面が異常に鮮明です。日本の液晶TVとデジタル放送を意識した作りと察します。
日本人の大半はTV画面の鮮明度と明るさを求めるのですが、その好みを知った上での「鮮明な画面」と思われます。
敵ながらおyく分析しています。でも、韓国にも汚れた裏町はいくらでもあるのに、TVの鮮明度を得るために、汚いものに蓋をしています。背広の裏地の価値を見出せない韓国の民族性でしょう。
by 村尾鐵男 (2011-08-22 12:05) 

ぼくあずさ

ewe さん
いろいろ勉強になりました。非常感謝。最近のテレビは見慣れぬ役者が
韓国語?らしき言葉を喋る番組があり、嫌悪感が募ります。昨日のフジテレビへのデモは4000人だったそうです。一日も早く監督官庁の総務省と外務省が日本国民の納得する様な対応をとることを望みます。
在日から政治献金を受けた前原氏が次期首相の呼び声が高いのは、異常事態です。
by ぼくあずさ (2011-08-23 06:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0