So-net無料ブログ作成

三浦・杉本・和田所縁の地 [Familie Gedichte]

                       byぼくあずさ

三浦義明

 

満昌寺   横須賀市大矢部1510

 伝三浦義明廟所(満昌寺御霊神社宝物殿裏)



大善寺   横須賀市衣笠町29-1

 裏手に本丸跡 碑がある   

 

腹切松公園  横須賀市大矢部5-18 

 自害跡     



来迎寺   鎌倉市材木座2-9-19

 来迎寺境内に三浦義明・多々良重春の墓がある(多々良は孫)

 1194年、源頼朝が鎌倉幕府の礎石となった三浦大介義明の霊を弔うため、真言宗能蔵寺を建立したのがはじまり。

 頼朝が亡くなった後、音阿上人が時宗に改宗し、来迎寺に改名。

 

 

和田義盛

 

浄楽寺   横須賀市芦名20-30-5

  義盛造立の寺

 

和田塚   鎌倉市由比浜3-4-7鎌倉彫工芸館の前公園内

 和田義盛と一族自害の碑がある

 

怒田城跡  横須賀市吉井1-1-23  (真福寺の近くの公園、吉井貝塚の隣)

 県指定の史跡 三浦為継築城の堅固な砦

 衣笠の戦いの時に義盛はここに籠ることを主張したが、義明の衣笠城篭城案に従う。

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。