So-net無料ブログ作成

国民は騙されている!?  ~本当の「悪」は誰なのか~ -1/3 [特別投稿]

.                                                                                                            政府の賠償支援案                                                                              菅首相は再三「国に責任がある」ので「賠償が済むまで責任をもって東電を支援する」と言っており、13 日、ようやく東電の賠償に関する政府案が決まりました。その 9 項目によると、東電は国と他の電力会社なども出資して創られる原発保障の新機構から支援を受けながら、賠償責任を果たすというものです。それはあくまでも東電にお金を貸すということで、東電はそのお金を国に返していかなければなりませんなぜなら、マグニチュード9.0の巨大地震を根拠も示さずに「巨大な天災地変」 ではないから原子力損害賠償法の免責事項に当たらないとし、さらに賠償の上限さえも 設けないとし、「一義 的」すなわち「全部」東電が責任を負うとしたからです。お金を貸してあげる条件として、資産の売却、厳しいリストラによる人件費のカット、現在の役員らの辞任とそれに伴い新しい役員を派遣し、管理を行うというものでした。そしてその借金を延々と電気の売り上げから返していかせるのです、電気料金の値上げはさせずに 

「国の責任 」とは

 菅首相 言うところの「国の責任」とは一体なんでしょうか。それは「自民時代の悪政に責任があるので、民主党の現政権には関係ない」という意味でしょうか。

  東電に落ち度100% 無いとは言えませんが、国が決めた安全基準に従っていてもなお、防ぐことができなかったことは事実でありましょう。だから、国にも責任はあり、 1 基あたりの1200 億だけではなく、東電の賠償に上限を設けるのが妥当なではないでしょうか

.

  菅総理と海江田経産相はヒステリックに東電清水社長にこう言ったに違いないでしょう。

  「この事故は天災じゃなくて、あなたたち東電による人災なのよ。だから、国民の血税で東電を救うのは許されないでしょう? だから、免責は無理、上限も設けられないわ。でも、東電が原発の処理費と賠償金で破綻して、関東エリアが停電になったら総理である私が困るから、とりあえずお金を貸してあげましょう。でも、言うことを聞くのよ。まず、あなたたち幹部は辞めてもらい、私のお友達に社長をはじめ幹部になってもらうわ。もちろん貸したお金は返してもらうわよ。とりあえず、必ず配当がもらえる優先株をもらうわ。まあ、あとは新しい社長が私の都合に合わせてやってくれるからね。どうせあんたが首になった後のことなんだから、関係ないわね。あら、何? 文句あるの? 国民が『東電が悪い、潰してしまえ』って言っているのよ。でも、それじゃああんまりだから、なんとかしてあげようと考えたのが、この 9 項なのよ。いいわね!」と。

                                                                                                          さらに、首相はとんでもない隠し球を用意していました。それが 降って沸いてきた金融機関への債権放棄の お願いです。枝野長官はそれがなされないと東電支援は「国民」の理解が得られないのでできないと言い、かつ債権放棄は金融機関の自主判断に任せると。金融機関が東電社債や東電ならびに電力各社の株価の下落によって財政的に厳しい状態になっているのは、誰の目に見ても明らかなことで、現にその発表があったら、銀行株は値を下げました
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 1

村尾鐵男

政府 対 東電、世論を味方に着けた方が有利です。
それにしても、東電社長の国会での発言は、とても世論を味方にできるものではありません。むしろ反感を煽るでしょう。
新潟刈羽発電所のときもそうでしたが、東電首脳部は本当の意味での
Public Relation を知らないようで、TV中継をしている国会へ出る折角の機会が逆効果になっています。
年間広告宣伝費が90億円だそうですが、私は広告を見たことがありません。何を世間へ訴えていたのか、不思議な会社です。
電力業界に詳しい方の話では、最も真っ当なのは東北電力で、次が北海道電力だそうです。
経営陣がよくないと、技術力が活きません。惜しいことです。
by 村尾鐵男 (2011-05-14 18:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0