So-net無料ブログ作成

中部電力 [特別投稿]

                                     by ewe

.

前回の拙論に対してご拝読ならびに nice 、コメントありがとうございました。

 .

 9 日、中電が菅首相の要請を受け入れました。 法的根拠もなく、日本の現状を認識していない要請であれども、首相 直々の要請、 それは命令と同等で、中電と言えどもNO とは言えないものです。「もし東海地震で浜岡が福島と同じになったら、社長、中電はどうなるかわかってますよね?」と脅されたのでしょう。無い袖は振れず中電は東電に電力の供給を断念しました。 しかも中電は浜岡停止に伴う燃料確保による電気料金の値上げをしないと発表しました。地震対策費、燃料調達費、それでは赤字が懸念されます。首相の原発賠償機構の構想には、原発を持つ電力会社等に資金を拠出させるそうですが、その高額な資金をどうやって調達するのでしょうか。社内や株主からその機構構想にたいしての反発は起きないのでしょうか。

 表向きは「近い将来起きうる東海地震による浜岡原発事故を未然に防ぎ、住民の安全を守る」ということなのですが、中電を苛めることにより、東電をさらなるピンチに追い込むための菅首相の姦計ではないでしょうか。

.

 この浜岡全面停止は事前に 中電に対して打診もなく、 原子力安全委員会、経産省、 経団連にも内密にされ、海江田大臣ら、 ごくごく首相直近の者たちとの間で進められたものであり、 米倉経団連会長はこの唐突な要請を生み出した一連の流れを「 ブラックボックス」に喩え「 本来は原子力安全・保安院と知見やリスクについて科学的に検討したうえで論議して決定すべきもの」と述べたうえで、「原発に対する一連の政府の対応は極めて拙劣だ」と切って捨て ました。

.

 さらに、枝野官房長官は原発が 停止しても自治体に交付金 は交付すると発言しました。その自治体の長は財政難にならずほっとしたことでしょう。しかし、その財源は税金。これも民主党の十八番のバラマキです。

  この期におよんでまたまたバラマキを増やし、国民を騙し、健全な日本経済をダメにし続けているのです。悪徳商法かのように。「こんなことをしています」と消費者庁に文句を言いたくなるのは私だけでしょうか。

.

 バラマキを続けるその資金はどこから調達してくるのでしょうか。増税、赤字国債です。まさか「ただ単に印刷するだけだからそんな心配は無用」などと考えてはいないでしょうね。

 国民よ、目覚めて欲しい、大局に立って私たちの日本を見つめ直して欲しいと切に願わざるを得ません。

 

中電浜岡原発の停止について [特別投稿]

http://dorflueren.blog.so-net.ne.jp/2011-05-08-5#favorite 

経団連会長、首相を強く批判「パフォーマンスにほかならない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000572-san-bus_all
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 1

ぼくあずさ

拝読しました。中電を受諾させる為の、次々繰り出すバラマキの舞台裏は狂った独裁者の怒号のみが響いていると想像されます。中電が受諾させないと、サミットで話が出来ないと思いつめているのでしょう。


by ぼくあずさ (2011-05-10 08:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0